富山大空襲の日

富山大空襲の日


富山大空襲の日


☆彡 ネット調べ ☆彡
1945年8月2日午前0時36分、米軍のB29大型爆撃機174機が、
富山市中心部に50万発以上の焼夷弾を投下し、

町は一瞬にして焦土と化しました。 この「富山大空襲」は
市街地の99・5%を焼き尽くし、被災した人はおよそ11万人、
亡くなった人は2700人を超え、地方都市としては人口比で最も
多くの犠牲者を出しました。

☆彡 義姉から聞いたお話 ☆彡


今もこんなに体は柔らかく、若い人にも負けない
昭和14年生まれ、83歳です。

富山も空襲がひどかったそうです。
のちに戦争に行って帰ってきた兄のお嫁さん、
義姉が終戦当時16歳だったそうで教えてくれました。
飛行機から落ちてくる焼夷弾っていうのですか、
それから逃げるのに布団をかぶって神通川まで逃げたそうです。

私たちは満州にいましたので、遠間の大空襲は知らないのです。

怖かったでしょうね逃げた人は、義姉は15歳だったそうで。

神通川はもう暑くてすごいことになってたそうです。

そんな時代を乗り越えてきた日本人は強いですよね。
そしてのちに母のおかげで私も、ネットのお仕事にもつながる
商売の方法を学び今もやっています。
満州から帰ってきてもくじ

カテゴリー: 富山大空襲 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。