富山県小矢部市ご案内




富山県小矢部市ご案内


富山県小矢部市ご案内

富山県小矢部市ご案内



富山県小矢部市ご案内

富山県小矢部市ご案内

富山県小矢部市はくりからトンネルを抜けると
すぐ石川県津端市になります。

石川県に一番近いしです。
JR小矢部駅はなく「石動」いするぎという駅です。

一番有名なのは、外国の有名な建物をまねた建築が
沢山あります。
津沢という町がありますか夜鷹祭りがとってもにぎやかです。

冬は雪の多い富山。融雪装置も何十年まえから行き届いてました。
津沢まちは田舎ですがゆったりとしたそして静かな町です。

☆彡 ゴールドウイン ☆彡
 ☆彡ネット調べ☆彡

1950年
富山県西部の小矢部市に、ゴールドウインの前身である
津澤メリヤス製造所を創業。
戦後の富山県、小矢部市。 津澤メリヤス製造所という
小さな工場から、ゴールドウインの歴史が始まった。

創業者の西田東作は、8人兄弟の末っ子として
富山県西砺波郡の農家に生まれた。

長兄と3番目の兄を戦争で亡くし、
さらに終戦後は次兄も分家して
実家に戻らなかったため、東作は必然的に
一家の長として家計を支える立場に置かれた。

みんなが、食べていくのに必死だった時代。紡績工場に勤務した
経験があったことと、義兄が東京でメリヤスの技術者だったことから、
メリヤス業を始めることを決意する。

1950年(昭和25年)、旧津沢町(現小矢部市)で創業。
翌年法人化して社名を株式会社津澤メリヤス製造所として、
今日のゴールドウインの歴史が始まった。

約40坪ほどの工場で兵役時に負傷した義兄を工場長に、
未亡人となった親類やメリヤス職人、
そして近所の女性らを20人ほど集め、
靴下や腹巻き、ベストやセーターなどを作りはじめた。

文字通り、ゼロからのスタートだった。
現在もゴールドウインに流れる、どこか家族的で温かい雰囲気は、
この創業時から脈々と受け継がれているのかもしれない。

カテゴリー: 富山県小矢部市ご案内 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です