富山市に小さな家を父の弟の大工の統領に

富山市に小さな家を父の弟の大工の統領に


富山市に小さな家を父の弟の大工の統領に

本家の蔵に住まわせてもらって一年
富山市に小さな家を父の弟の大工の統領に母屋の廃材など
l)利用して立ててもらいました。

そこで八百屋さんを始めたのです。

それは今も覚えています。
本当に小さなおもちゃのようなお店でした。
子供心にもすごく楽しかったのは覚えています。

お店の前の道路に「浮浪者」というのですか、
両親を戦争でなくした子供たちだそうです。

数人毎日座っていました。
母はかわいそうと毎日塩おにぎりをもっていってあげていました。
戦後なのに「孤児院」などなかったのでしょうか。
「佐田啓二」さんんでしたっけ、「緑の丘の赤い屋根」
富山はなかったのかしら。

「中井貴一」さんのお父さんですよね。
かっては「君の名は」で有名な俳優さん。

鐘の鳴る丘動画

とんがり帽子の時計台、って映画みました。

富山も空襲がひどかったそうです。
のちに戦争に行って帰ってきた兄のお嫁さん、
義姉が終戦当時16歳だったそうで教えてくれました。
飛行機から落ちてくる焼夷弾っていうのですか、
それから逃げるのに布団をかぶって神通川まで逃げたそうです。

神通川はもう暑くてすごいことになってたそうです。

そんな時代を乗り越えてきた日本人は強いですよね。
そしてのちに母のおかげで私も、ネットのお仕事にもつながる
商売の方法を学び今もやっています。


カテゴリー: 富山市に父の弟大工の統領が立ててくれた パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。