満州で生まれて

満州で生まれて


満州で生まれて

269809954_432645281853918_3150546530851888029_n.jpg

満州で。昭和14年に生まれて、父は新京という町の町長さんでした、

三歳下の妹と、一回り上の姉そして、15歳上の兄と母の家族でした。

まだ太平洋戦争は始まっていなかったのですね。

父は、工業関係の仕事で東京から
満州へ渡り、母は旅館の経営をしていました。

そんな平和で豊かな家庭に生まれました。

父も母も明治生まれでした。

母方は富山県、「越中」の武士だったそうですが、

武士制度がなくなって、農家の総本家である父方の家と縁結びをして、
二歳の時に東京へ引っ越したそうです。

兄たちが小学生のころに満州へ渡り、

わたしより二歳の兄は10か月で亡くなったそうです。

そして幸せな日々が続いていました。

畑があったのは覚えてます、子供心にものすごい
畑だったのを記憶しています。

旅館の従業員はみんな中国の人だったそうです。

私が二歳になった昭和16年12月、あの太平洋線佐生が勃発

つづく


人気ブログランキング

カテゴリー: 満州に生まれて パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。