砺波平野南部にあたる平野部

砺波平野南部にあたる平野部(福野・井波・城端・井口・福光地域)では、市街地を除き散居村の景観が見られ、西部の両白山地、東部の高清水山地、南部の飛騨高地によりU字型に山地に囲まれている。飛騨高地の北端にあたる五箇山(平・上平・利賀地域)は起伏の激しい地形である。

山:医王山、桑山、順尾山、大倉山、赤堂山、月ヶ原山、多子津山、大門山、赤摩木古山、奈良岳、大笠山、笈ヶ岳、三方山、袴腰山、猿ヶ山、大獅子山、タカンボウ山、八乙女山、赤祖父山、高清水山、高落場山、高坪山、マルツンボリ山、人形山、三ヶ辻山、高峰、金剛堂山、水無山
河川:小矢部川、明神川、打尾川、山田川、大井川、旅川、庄川、利賀川、百瀬川
湖沼:桂湖、縄ヶ池、桜ヶ池、赤祖父溜池、猫池、黒池
峠 : 栃折峠、ブナオ峠、細尾峠
峡谷 : 人喰谷
高原:水無平湿原、閑乗寺高原(現・閑乗寺公園)
断層 : 牛首断層
隣接する自治体
富山県
小矢部市
砺波市
富山市
石川県
金沢市
白山市
岐阜県
飛騨市
大野郡:白川村
気候
日本海側気候であり、年間日照時間が少なく、一年を通して曇天・雨天が多い。冬季は降水量・降雪量が多く、福光・城端・平・上平・利賀の各地域は特別豪雪地帯に指定されている。平野部の最深積雪量は150cmに迫る年もあれば20cm程度の年もあるのに対し、山間部(五箇山)は暖冬でも1m程度、多い年では3m台の積雪があり、県内の居住地では最も積雪量の多い地域である[1]。 また、平野部は北を除く三方が山地に囲まれているため、フェーン現象の影響により猛暑日を記録することがある。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。