富山県魚津市


富山県魚津市

富山県魚津市は漁業と建設会社が、
よくケンカのようにしていますが、中もよいのかしら。
魚津市は富山市を八号線で新潟ら向かって30分くらいです。
山もあって、のどかな街です。
言葉は富山市と少し「アクセント」が違います。
JR魚津駅と、電鉄魚津駅がありますが、
電鉄魚津駅のほうが賑やってる感じが感じがします。

富山県の呉東にあたり、新潟へ行く方面です。
富山県は呉東と呉西に分かれています。
これを知ってるのは富山を知ってる人化も。。。
呉羽山を境に分かれています。

↑ ↑ ↑ ↑ ↑魚津市は「蜃気楼で」有名です。
私は富山に住んでいましたが見たことないのです。
出たら「サイレン」が鳴るそうですが、まにあいませんね。

野球では王貞治さんの時代、徳島の板東英二さんと魚津高校の、
甲子園、日没再試合が、すごくもりあがったそうです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 昭和33年条項様のご成婚の前年。
おばあちゃんとおなじとしです。

「ネット調べ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 」
延長18回までで打ち切りというのは今大会から適用されたルールであったが
、このきっかけを作ったのが徳島商のエース板東英二であった。
板東は春季四国大会において、対高知商戦で延長16回、
翌日の対高松商戦で延長25回の計41回を完投したのである

カテゴリー: 富山県魚津市, 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。